ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書  評論

Steven Spielberg 監督で Tom Hanks, Meryl Streep 主演の映画 The Psot、見てきました。

トムハンクスが主演ということでとても期待していましたが、やはり内容が割と難しいせいか、英語だけだとわからないことがちらほらありました。そうなった時に映画だけの特徴である絵を生かした演出が目につきやすくなるのですが、この映画に関してはあまりなかったですね。Blade Runner 2049では映像だけでも十分に堪能できるほど美しい家づくりがありますが。新聞の機会が回っているシーンとか、トムハンクスの車の中のシーンとかはいいのですが。あと、終盤のメリル・ストリープの演技は本当に素晴らしい。朝のシーンもいいけど。

ということでわかりにくいとおいいながら、こんなに好きなところが出てくる映画なんですね。

 

内容は

“ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年、政府がひた隠す真実を明らかにすべく立ち上がった実在の人物たちを描いた。71年、ベトナム戦争を分析・記録した国防省の最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を、ニューヨーク・タイムズがスクープする。ライバル紙でもあるワシントン・ポスト紙の発行人キャサリン・グラハムは、部下で編集主幹のベン・ブラッドリーらとともに、報道の自由を統制し、記事を差し止めようとする政府と戦うため、ニューヨーク・タイムズと時に争いながら連携し真実を世に出すため奮闘する” 映画.com

 

感想は前置きでほとんど話してしまいましたが、最近個人的に冷戦に関する映画をたくさん見ていて、自分的にも一回勉強して整理したいなって思っており、それをブログにもあげようと思います、おそらく英語で。僕は結構映画を見て、その世界観や歴史背景に興味をもちそれについて調べることがよくあるのですが。そうやって知識を広げていくのは誰も教えてくれませんよね。調べた内容ををさえながな、繰り返し映画を見たり、その時期に作られた映画を見ているのも面白いかもしれません。

 

P.S.

トムハンクスはタイピングマシーンが大好きらしくて、トムハンクス主演監督の映画幸せの教室ではタイピングマシーンを使ってスクリプトを書いていました。映画の内容は別らしいですが笑

コメントを残す